横浜入れ歯・義歯相談所 updated 2017-06-21
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |








BPSkondo1.jpg硬質レジンという樹脂で作製した総入れ歯です。
保険の入れ歯と違い、精密でゆがみが少ないのが特徴です。






無題.bmp
上顎は、上あごの部分を金属で仕上げているので薄くなり違和感が少なく、食べ物の温度が伝わりますので、より快適に使用できます。

下顎は、内側を金属で仕上げる事により、ゆがみ、たわみを防止し、割れないように補強できます。


一番のおすすめです。
こちらを選択される患者さんが最も多いです。

金属の部分を生体に安全なチタンを使用しています。
軽く、アレルギーの心配も少ないです。

金属の部分を白金加金を使用しています。
アレルギーの心配も少ない高級なプラチナと金です。





それぞれ片顎1床の税込み総額の治療費となります




残っている歯の本数や、状態によって治療費が異なります。
力のかかり方などを計算して精密に作らなければ金具をかけている歯に負担がかかります。保険の部分入れ歯は精度も悪く、支えの歯に負担がかかり次々に抜けていく場合が多いです。
様々な治療方法がありますので詳しくは、受診してからのお見積もりとなります。

ひとつだけ言える事は、部分入れ歯の基本は、金具をかけている歯と歯ぐきに、ぴったりとフィットし、入れ歯自体が歪まない事が大切です。精密な型取りをして金属でフレームを作る必要があります。
入れ歯が動いたり歪んだりするという事は、金具をかけている歯、残っている歯を揺さぶっているという事です。そのうちにグラグラになって抜け落ちてしまいます。
アメリカなどでは、部分入れ歯は、基本的に金属床しかありません。日本の保険診療の部分入れ歯は、プラスチック製で、歪むし、精度も良いとは言えません。
世界的に見れば『応急的な仮の入れ歯』程度の物なのです。
IMG_9002.JPGIMG_0016.jpgIMG_8503.JPG