横浜入れ歯・義歯相談所 updated 2017-06-21
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |






保険診療の入れ歯では、ダメなの?

歯科医療従事者なら誰でも知っている事、それは保険診療では、しっかりとした治療は出来ないという事。
皆さんは驚かれるかもしれませんが、それが事実なのです。
歯科医、その家族、歯科医院に勤めているスタッフたち、歯科技工士、歯科関係の会社に勤めている方々、良いも悪いも知っているので、迷わず保険外診療を選びます。
歯が大切だって事を良く知っているから、だからこそ保険外診療を選ぶのです。

入れ歯の種類

OPAアタッチメント義歯(両側)

セラミックのブリッジと金属床部分入れ歯を組み合わせました。
残っている歯の保護、入れ歯の長期安定性、違和感の軽減、見た目の良さなど、考え抜かれた治療法です。ここまで治療をしてメンテナンスを定期的に行っていれば長期にわたってトラブルも起きずに快適な食生活が送れます。
IMG_8493.JPGIMG_8498.JPGIMG_8503.JPGIMG_8496.JPG

OPAアタッチメント義歯(片側)

部分入れ歯は、金具をかけている歯に、必ず負担がかかります。この入れ歯は力のかかる方向を計算し尽くされた入れ歯です。また、金具も見えないので審美的です。
IMG_9007.JPGIMG_9002.JPGIMG_9004.JPGIMG_9005.JPG

クーゲルホックアタッチメント

幸いな事に、丈夫な歯根が2本残っていたので、クーゲルホックアタッチメントを補助的に使用しました。何でも食べられるようになったと患者さんは大喜びです。

IMG_7832.JPGIMG_7830.JPGIMG_7831.JPG

PGA床総入れ歯

身体に優しい、ゴールドとプラチナを内面に使用した総入れ歯です。
IMG_9419.JPGIMG_9420.JPG

フィットデンチャー

保険の入れ歯の金具が見えるのが気になるのと、安定感の悪さを改善するために金具を使わない入れ歯を作りました。
004313_20090302_0006.JPG004313_20090427_0004.JPG004313_20090302_0008.JPG004313_20090427_0001.JPG004313_20090427_0003.JPG004313_20090427_0006.JPG

部分入れ歯は、抜けている歯の位置、状態、支えとなる歯の位置、状態に大きく左右されます。患者さんそれぞれによって最適な方法が違います。
保険の入れ歯はどのようにしたも、かけている歯に多大な負担がかかります。しっかりと長持ちのする入れ歯を作りましょう。

入れ歯についてのご相談は
三須歯科医院へ!

045−331−0637