横浜入れ歯・義歯相談所 updated 2017-06-21
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |






ゆるくて痛い入れ歯を、安定剤を使いながら食事をするのって、
つらいですよね。

今まで何回も入れ歯を作ったけれど、どれも痛くて合わない。
・入れ歯が口の中で動いてしまって不快だ。
・大きく口をあけると落ちてしまう
・下の入れ歯が浮き上がってしまう
・入れ歯の匂いが気になる。

このような、感想をお持ちの方、明るいお知らせがあります。
ついに日本に上陸したワールドスタンダードな入れ歯製作方法『BPS精密入れ歯』を試してみませんか?



BPS精密入れ歯の特徴

両者の違い

型取りの材料


型取りの方法



噛み合わせの位置


入れ歯の材質



治療費

BPS精密入れ歯

患者さん専用のトレーを作製し、特殊なシリコンでとる

口を開いたり閉じたり、動かして実際の使用状況に似た状態を再現

ナソメーターMという特殊な器具で正確に位置を決める

精度の高い材料で変形もなく気泡も少ない。汚れ、臭いがつきにくい

多少、かかる

普通の入れ歯

既製のトレーで安価な型取り材で、取れる範囲でとる

口を大きく開いた状態でとるので当たるところがでやすい


ワックスを溶かして、大体の位置で決める

完成時に変形もしているし、気泡が多く、汚れや臭いがつきやすい

保険診療の範囲内なら安い

bps_pfd_12.jpg

BPSkondo112.jpg

BPSkondo114.jpg

BPSkondo01.jpg

さぁ、行動を起こさないと変化は起こりません。

BPS精密入れ歯を手に入れるには、まずはお電話を!

   三須歯科医院
045−331−0637

しあわせを噛みしめる入れ歯、それは『BPS精密入れ歯』

いま、あなたの街、横浜でも手に入れる事が出来るようになりました。

横浜市で、初のBPS認定クリニック、三須歯科医院へ

すでに、多くの方がBPS精密入れ歯を手に入れて
楽しい笑いと食生活をしています。

あなたのまわりの方もすでに手に入れているかもしれません。

型採りにも、入れ歯の製作にも非常に高度な技術と時間がかかりますので、精度の高い治療を維持するためにも、『BPS精密入れ歯』の初診患者さんは、月に3人までとさせていただいております。4人目の方は翌月からの開始となります。すでに多くの方が順番をお待ちになっている状態です。

迷っている場合ではありません。すぐにお電話を!

    三須歯科医院
 045−331−0637